カードローンを利用しましょう

カードローンは銀行系の会社が提供している事が多いのです。

ローンと言うと、借りたお金を何に使うか申告しないといけないものと言うイメージが強いのですが、カードローンは借りたお金を何に使うか申告せずに自由に使うことが出来るのです。

住宅ローンなどのように高額借入ではありませんから、無担保でお金を借りる事が出来ます。

ですから人の協力を得ずともお金を借りる事が出来るのです。

しかしカードローンは消費者金融などで提供されているキャッシングよりは審査がやや厳しくなっています。

ですから債務状況などによってはカード発行を行う事が出来ないケースもあるのです。

心配な場合は、いくつかのカードローン会社にカード発行の申込みをしておく事をオススメします。

カード発行は自由ですから、複数の会社からカード発行をしても何の問題もないのです。

銀行系のカードローン会社は数多く存在しますからインターネットなどで探し、早速申込みを行いましょう。

プロミス審査に通過するコツ

カードローンの利息ってどれくらい?

カードローンを契約しておくと、急にイベントが重なったりして、お金が足りなくなったときに便利です。

事前に申し込みを済ませておけば、その銀行のATMや提携しているコンビニATMなどで即座にお金を借りられます。

利用限度額の設定はその人の収入や職種によっても変わってきますが、どんな人でも審査に通りさえすれば、30万程度であれば普通に借りられます。

ちなみに、金利が14.6%だったとすると、利息がどのぐらいかかるものなのか計算してみましょう。

給料の前借りをするような感覚で30万円をカードローンで借りたとしましょう。

そして、30日間経過後に返済するとします。

その場合、30万×14.6%×30日÷365日で、3600円の利息となります。

14.6%と聞くと1割以上かかるのかと思って高い気もしますが、あくまで年利なので、月に1割とられるわけではないことに注意しましょう。

3600円で30万借りられるのなら、私はわりと安いかなと感じますがみなさんはどうでしょうか。

一番のおすすめ会社はモビットですね。以下のサイトをよければ参考に

モビットの審査に落ちないために

http://モビットの審査.jp/

キャッシングに担保と保証人は必要か

お金を借りる時には、担保や保証人が必要になるということがあります。

例えば、有名なところでは、自動車ローンや住宅ローンは担保が必要になります。

自動車ローンは自動車を担保に入れることがあります。

住宅ローンは購入する不動産(土地と建物)を担保に入れることになります。

以上のようにお金を借りる時には担保が必要になることもあります。

また、大きなお金を借りる時には、保証人というものが必要になることもあります。

保証人につきましては、なっていただく方を探すのが非常に難しいです。

自身も連帯保証人をお願いされたら断る可能性が非常に高いのではないでしょうか。

そこでキャッシングですが、

担保と保証人について必要になるのかを詳しく知っておくことも重要です。

ちなみにキャッシングについては、

基本的に担保と保証人は必要ないと覚えておきましょう。

信用情報に問題のある方は、

保証人を求められる可能性もありますが、その可能性もかなり低いわけです。

銀行カードローンの借り換えは最後の手段

銀行カードローンは消費者金融で行うキャッシングに比べて二つの利点があります。一つは限度額が大きい

ことです。消費者金融は元手となるお金が自社で用意しなければならない関係上、個々人への貸し出しは

わりと渋めに設定されています。年収も結構あるのに、意外と少ない額しか可決されなかったなぁという印象

をお持ちの方は銀行系を使っていなかったのではないでしょうか。もう一つのメリットが総量規制の対象外と

言うことです。これは自分の年収の1/3までしか借り入れができないという規制のことを言い、複数の会社か

らの借り入れがあるときに、残高をまとめようとしても、この1/3の規制に引っかかって消費者金融では借り

れない可能性があるのです。銀行カードローンならばこの規制の対象外ですので、少額の借り入れを整理し

て、支払期日の一本化と利息の抑制をした上で追加の借り入れまで充当できると言うよいこと尽くめなので

す。

無論、そのような状態は経済的に限界に近いので最後の手段と考えてくださいね。

インターネットからの審査申し込みについて

諸費者金融や銀行カードローンに申し込む時には、審査申し込みの方法を考える必要があります。

審査申し込みの方法ですが、いままでは店舗に直接行くという方法がありました。

また、無人契約機で契約を結ぶという方法もあったわけです。

それらの方法ですが、足を使わなければいけませんので面倒さを感じてしまっていた方も多かったわけです。

しかし、そういった状況にも大きな変化があらわれはじめています。

その変化というものですが、具体的にチェックしていただきたいのがインターネットです。

インターネットからも審査申し込みというものがされるようになりました。

インターネットですので、特に申し込みをするために外出しなければいけないこともありません。

値と環境があればどちらからでも可能になるわけです。

家から出たくない時も可能ですし、近くに無人契約機や店舗がない場合にもお勧めになります。

インターネットからの申し込みを上手く活用されてはいかがでしょう。

消費者金融はサラ金会社とは全く違うということを理解する

消費者金融というのは、サラ金業者のような非合法のものと間違われることがよくあります。

実際、メディアの中にでもこうした間違った認識で同列に並べているものが多く存在するのです。

しかし、これは完全な間違いです。

消費者金融とサラ金業者は全く意味が違います。

既述の通り、サラ金業者というのは非合法の存在です。

法外な金利を設定し、暴力的な取立てによってお金を回収するのがサラ金なのです。

逆に、消費者金融というのは合法的な金融機関なのです。

個人向けに融資をしていたサラ金が非合法な手段ばかりに出ていたので、正規の個人消費者向けの金融機関として待望されたのが消費者金融でした。

ですので、市場からの信頼も凄まじく、事実、上場企業として活躍している消費者金融は多数存在します。

特に、銀行系列の消費者金融は業績を伸ばし続けていますので、金融産業の大きな担い手として信用されているのです。

消費者金融のサービスは銀行に近いものがありますので、そのサービスの充実さに満足することは間違いありません。

気軽にキャッシング

もうかなり前の事ですが、ギャンブルにどっぷりはまっていた時期がありました。ある時、手持ちのお金が無くなったのに、どうしても諦めきれず銀行にもお金がない状態だったので、消費者金融に行きキャッシング用のカードを作りました。当時はまだ若かったからか限度額は10万円でした。結局その日のうちに3万円キャッシングして、全部負けて終わりでした。

それからは、ギャンブルに限らず買い物でお金が足りない時なんかでも気軽にキャッシングするようになりました。いくら使っても月々の支払いは5千円位だったので、当然払えないという事もなくすぐに限度額まで使っていました。そこからは返済してはまた借りてという具合でいつも限度額ギリギリになってました。

そんな状態が続いていたある時、限度額の引き上げの知らせがきたのです。その時なぜかはっと我に返りました。このまま限度額が上がって、またその限度額いっぱいまで借りて、というのをずっと繰り返すうちにものすごい金額になるんじゃないか?この消費者金融のカードを一生持ち続けるのか?と。

自分の中で出た答えは「NO」でした。そこからはカードは持ち歩かないように決め、返済額を上げて、全額返した時にカードをはさみで切りました。

私の場合は金額が低かったからすぐに返せましたが、キャッシング地獄に陥る人なんかも、この時の私みたいに軽い気持ちで初めて抜け出せなくなるんだろうなと思うと、誰にでもそうなる可能性があるという事を実感した出来事でした。

収入証明と消費者金融

消費者金融を利用しようということですが、

20万円や30万円の利用まででしたら特に大きな問題はありません。

そのくらいの利用でしたら、普通の審査でそれらの金額の借入れができることが多いです。

しかし、消費者金融で50万円以上の借入れを行おうとする時には少しハードルがあります。

実は50万円以上の借入れについては、

特別な審査というものが必要になるわけです。

80万円や100万円を借りたいという方もいるでしょう。

そういった方は特別な審査を受けることになります。

その審査とは、収入証明を行うということになります。

自身の収入を証明しまして、

その大きめの金額を借入れができるかを審査してもらうことになります。

収入証明の方法は、いくつか存在しています。

まずオーソドックスなのが給与明細を見せるということです。

さらに、確定申告などでも対応できます。

自分の収入を証明できるものをあらかじめ用意しておくと、

スムーズに審査をしてもらえます。

その収入証明の内容によっていくらまで貸し出しができるか消費者金融は判断するわけです。

初めてのキャッシングなら銀行カードローンがおすすめです。

お金がどうしても必要になって、借りるってこと、社会人になれば多かれ少なかれあると思います。

そういう時、消費者金融で借りるという人も多いかと思いますが、実は最初のキャッシングであれば銀行のカードローンのほうがいいのです。もちろん、金利が低いからというのもありますがそれだけではありません。

それは総量規制という法律です。この法律は年収の3分の1以上の金額を消費者金融から借りてはいけない、と定めているものです。ですので銀行のカードローンはこの総額に当てはまらないのです。もしこれからもお金を借りる可能性がある、という人が最初に消費者金融から借りて、限度額がいっぱいになったからといって銀行で借りようと思っても審査が通らない可能性があります。しかし、最初から銀行で借りていれば、大丈夫です。消費者金融の審査も銀行からの借り入れであれば通りやすいですし、消費者金融で借りる時も銀行の借入額は総量規制の対象にはなりません。

金利面からも、法律面からも最初のキャッシングは銀行カードローンを考えましょう。

キャッシングの体験談と手段

お金に困ってしまった時に、ぜひ活用したいものと言えばキャッシングが挙げられます。

昔は面倒なイメージが強かったキャッシングですが、最近は自宅からインターネットでお申し込みを済ませられたり、申し込んですぐお金を手に出来るサービスも増えているので安心です。

キャッシングをするにあたっては、私は消費者金融や銀行カードローンを使ったことがあります。

消費者金融を使った時は、無人店舗からこっそりとキャッシングを済ませることが出来たので感動しました。

お手続きをして実際に審査に受かるまでわずか一時間ほどしかお時間がかからなかったですし、オペレーターの方も非常に親切に対応して下さったので嬉しかったです。

銀行カードローンは、消費者金融と比べると利息が低いところや借り入れられる金額が多いところが魅力だと私は考えています。

私が銀行カードローンを申し込んだ時は四日ほど審査に時間がかかりましたが、現在は即日でキャッシングを叶えられるサービスも増えているようです。